色々な竿を使っていると必ず”これは手放したくないな”って竿が出てくると思うんです。

わたしにとってのそれがこの 剛弓 カゴ 遠投という竿だったんですね。

後にも先にもダイワから”カゴ”と専用の名が付けられた竿ってこれしかないんです。

それだけこだわりを持って作られているなというのは使ってみればすぐに分かる。

カゴを投げるのに絶妙なバランスの張りの持たせ具合と言うのか・・・初めて投げた時、力まず投げてもスーッとカゴが飛んでいく感覚に驚いたのを覚えている。

すげーナニコレー すごい振り切れるよ~と心の中で叫んでいる自分がそこにいた。

道糸が出ていくときの音の静かさにも驚かされたね。

柔らかいように見えて張りを持たせる部分はしっかりと張りを持たせてあってキャストの時に曲げた後からビシっと先に張りが出る感覚。

おそらく張りの緩急のバランスが実に素晴らしい塩梅。

自分が使用するカゴの錘帯が10~15号なのですが、まさにベストマッチで12号のカゴでも力まず振り切って100m前後飛んでいくのが心地いい。

力の加減具合がしっかりと飛距離に影響されるのは自分に合っている証拠。

恐らくカゴ用の竿としては特徴的なものは無いのかもしれないが、全てがバランスよく整っていて非常に完成された竿だなという印象。

流石ダイワがカゴ専用竿として出しただけはあるなと。

リールシートがロックアップ式がどうのこうのなんて竿のバランスの素晴らしさからすればそこらへんに落ちている小石並みにどうでもいい話ですわ。

今でも主力として活躍中ですが、予備として3本くらい新品がほしいっ!

 

でもヤフオクで半年に出るか出ないかくらいの超プレミア竿なんだよなぁ・・・・

​あ、でもメルカリで未使用が5万で出ている・・・誰も買わないのかな・・・どうしようかな

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸

​籠師会